naoの日記 〜 京都より 〜
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あしたはさんた
 今年も絵本作りをしました。
私が1冊しゅんが1冊けいが2冊。
なかなか良い感じの絵本が仕上がりました。
特に子供の物は可愛いです。

今日はけいの絵本の紹介です。
今日誕生日のあなたと、このブログを読んでくださっている皆さんへのクリスマスプレゼントです。
プレゼントは扉になっているので、めくって中身を見て下さい。

あしたはサンタ
あしたはさんた

あしたはサンタ1-1
くまさんへ                         ぽい

あしたはサンタ1-2

あしたはサンタ2-1
りすさんへ                        ぽい    ぽと

あしたはサンタ2-2

あしたはサンタ3-1
たぬきさんへ                       ぽい  スイトル

あしたはサンタ3-2

あしたはサンタ4-1
とらさんへ                        ぽい 
                            とくべつ とらさんのにっき 
                            しっぽがなくなった

あしたはサンタ4-2

あしたはサンタ5-1
うさぎさんへ                       おっと

あしたはサンタ5-2

あしたはサンタ6


あしたはサンタ7
                              くるかなー

あしたはサンタ8

あしたはサンタ9

おしまい
うみ
うみ

けいの作品です。
100円ショップで買ってきた額に。
透明なアクリル板(ガラス板)の裏に黒いマジックで絵を描いて、色マジックや絵の具で色を塗って、後ろからくしゃくしゃにして広げたアルミホイルを挟んで、額にも色を塗って。
ステンドグラス風の絵が出来ました。
「きれい〜」と本人もお気に入りの作品。

にんじゃがえるたいはっぱがえる(二)

6
つぎのひまだまだれんしゅうをしていると、わるもののはくそうがあらわれた。
あぶない!にんじゃがえる!

ちっちゃくなっちゃった


7
とつぜんはっぱがえるがたすけにきた。

はー、けんをぬけ!


8
かえるだらけだ。
はっぱがえるはぶんじんのじゅつがつかえるのだ。
すごいたたかいだ。


9
とうとうはくそうはたんこぶができてたおれた。
かえるはせいいんかえった。

10
10
はくそうもきえた。

11
11
よかったね。にんじゃがえる、はっぱがえる。

まったねーーー

おしまい
にんじゃがえるたいはっぱがえる(一)

にんじゃがえる1
にんじゃがえるたいはっぱがえる


2
にんじゃがえるとはっぱがえるはたたかいのれんしゅうをしています。

どろん。
どろん。


3
きえたよ。

ぱっ
ぱっ


4
ゆきがふってきたので、かまくらをつくってなかでたたかいのれんしゅうをしています。

げろげろ


5
はっぱがえる、きえました。
まけるな、にんじゃがえる!

あれ、こっちもいくぜ。


つづく
にんじゃがえるたいはっぱがえる(予告?)
けいが新しいお話を書き始めました。
お話作りのブーム再来の予感です。
こんかいのタイトルは「にんじゃがえるたいはっぱがえる」
かなり気になるタイトルです。

では出来た所まで一部を紹介します。
続きはお楽しみに。

にんじゃがえる1
にんじゃがえるたいはっぱがえる

にんじゃがえる2
どろん。
どろん。

にんじゃがえる3
ぱっ
ぱっ
せっかくだったのに
今日はしゅんが風邪を引いて幼稚園をお休み。
実は今日は、けいにとって、お友達に遊びに来てもらうと一週間ほど前から約束をしていてとっても楽しみにしていた日。
お兄ちゃんが風邪だからお友達はまた今度来てもらおうね。

…。分かるけど、納得できない。

幼稚園に行く時も、帰るときも幼稚園の前で”わ〜!!”と泣いちゃった。

やれやれ。
このまま収集つかなくなっちゃうかな〜。
困ったな〜と思いつつ、
座ってけいの顔を覗いてみた。
ぷくぷくのほっぺに帽子のゴムが食い込んでいて面白い。
こんな場合じゃないと思いつつも、面白いな〜とまじまじと泣き顔を観察していた。
どうせ、こんな時、まともに話し合おうと思っても、話し合いにならないのだ。
現に3日前、こんな風に泣いて、何とかなだめようとして失敗したばかりだ。

ふと、私が顔を見ているのに気がつき、

「何、見てるの!」

と不満そうに言う。

「顔。可愛いなあと思って。」

と答えると思わず笑っちゃって、なぜか泣き止んだ。

夜、ノートにお話を書いていい?と聞くので、
もちろんいいよ〜というとこんな作文ができた。

==================

  せっかくだったのに

きょうは○○くんがぼくのおうちにあそびにくるやくそくしてたのにせっかくだったのにせっかくだったのに
だってしゅんがかぜひいてたから
○○くんがぼくのうちにこられなかた
せっかくだったのに
せっかくだったのに
みんなこないのいやだったもん
だってしゅんがかぜひいてた。かわいそうだね。
またきんようびきてね。
しゅんもかぜなおたらいいね。
せっかくだったのに
=======================
↑よかったら解読してください。
「な」はなんとなく雰囲気をつかんでいるところがかわいい。

どうも「せっかくだったのに〜」と泣きながらそのフレーズが面白い!
と思ったらしい。
結構優しいんじゃない、
けいちゃん。